「一括査定」×「プロにお任せ」=『ウロッカ!』

意外とキツい車内の臭い。
その原因と対策を現役整備士が伝授する!

car-smell-causes-and-remedies

車内のニオイ、気がつかないうちに臭くなり、悪臭になっているのでは? 
車内の一番イヤなニオイの元として悪名高いタバコ以外にも、持ち込んだ飲食物のしぶきがシートに付いたり、食べかすが車内に残っていたりしてニオイを発します。

また、ドライバーを含めて乗った人の汗や、降雨時に残った車内の湿気に対するカビなどが原因で、愛車の中がいつの間にかイヤなニオイで充満していた、なんてことも。

そうなってしまった車のニオイを、原因を特定しながらの消臭対処法をまとめました。
裏技的なニオイ取りに加え、消臭グッズ5選も付記したので、ぜひご覧ください。

1. クルマの嫌なニオイのナンバーワンは、やっぱりタバコ

クルマのドアを開けて身を乗り入れると、そのクルマ独特のニオイに気づくはずです。新車の場合は、どこかプラスティック的で温もりが薄く、悪く言えば、よそよそしく、いかにも新車というニオイがします。これはクルマの生産時に使われた接着剤が乾燥したニオイだそうです。
新車は別として、1年以上乗っているクルマであれば、新車らしいニオイが薄れ、何かしら別のニオイがします。芳香剤やぶら下げるタイプのフレッシュナーのニオイであれば、人工的とはいえ、さほど不快にはなりません。ところが、芳香剤等の人工的であればまだしも、車内のニオイで一番臭いと感じるのは、何と言ってもタバコが原因のニオイでしょう。

最大の原因はやっぱり「タバコ」のニオイだ!
最大の原因はやっぱり「タバコ」のニオイだ!出典:ウロッカ!

吐き気さえ催すこともあるタバコ臭ほか車内のニオイを徹底追放するには?

消臭ほか小まめな掃除といった対策を行っていない喫煙歴の長い車内のニオイは特にひどく、苦手な方は吐き気さえ催すほどです。ドアを開けたとたんに酸っぱいような乾いた感じの何ともいえない「クサさ」を経験した方は多いことでしょう。
イヤなニオイの元凶代表とえるタバコのほかにも、カビに起因する車のエアコン、座席シートにしみ込んだ汗や雨などの水分、さらには持ち込んだ飲食物が床やシートの隙間に落ちてニオイを発することもあるでしょう。ほかにもペットのニオイや時間が経った香水のニオイ、フロアマットの汚れによるニオイは案外忘れがちです。

2. 車内のニオイの原因に合った消臭、脱臭対策とは?

このように車内には、様々なニオイとその原因が、クルマの利用歴に比例するように染みついているといえます。そこで以下のような車内のニオイの原因に対する、掃除を含めた消臭、脱臭対策を説明します。

  • (1)タバコのニオイ
  • (2)エアコン内を含めたカビのニオイ
  • (3)こぼれたり落としたりした飲食物のニオイ
  • (4)ペットや香水などのニオイ
  • (5)その他としてフロアマットなどからのニオイ

(6)タバコは一番やっかいなニオイの原因、これが最強の消臭方法だ!

車内のニオイは、(1)のタバコが原因の場合の掃除が一番やっかいです。というのも煙とヤニによるタバコのニオイは、内装のプラスティックなどの表面だけでなく、内部にまで染み込んでいるので、なかなか拭き取ることが難しいためです。
(2)のカビのニオイは、もっぱらフィルターを含めたエアコン内の湿気に発生が原因の場合がほとんどです。

また、(3)の飲食物、特にドリンク類のしぶきなどが飛んでシート表面やマットなどに染み込んだり、シートの下に転げ落ちた食べかすにカビが生えることもあるので掃除はしっかり行います。

車内を汚したら早めの掃除をするのが後々まで効果的

(4)の香水やペットのニオイも、内装の内部にまで染み込むこともあるので、汚れたかもしれないと思った時は、すぐに拭き取るなどの掃除を心がけましょう。
(5)のその他のニオイとしてのフロアマットは、土足で乗り込んで最初に触れる車内ですので、案外汚れています。このためニオイの原因であることも多いので気を付けましょう。
このほかにも釣り好きな人がクーラーボックスを倒してしまったり、魚を入れた発泡スチロールボックスから水が漏れていたり、といった原因もあるでしょう。加えてヒトの汗やくしゃみ、ペットのよだれといった乾燥してしまう汚れも、車内温度が上がると臭ったりするので無視できません。

以上が主な車内のニオイの原因ですが、これらのうち、一番やっかいなニオイの元がタバコであることに異論はないでしょう。まれに子供やペットがクルマ酔いで吐いてしまうこともありますが、こうした吐瀉物は、即拭き取るなどして放置せずに対処しているはずなので、ニオイが染みつくことはまれでしょう。

3. 手ごわいタバコのニオイを消すための車内の掃除方法

そこで、タバコの煙やヤニを想定したニオイの清掃方法を以下に箇条書きにして、それぞれ具体的な方法を示しました。タバコ以外の原因によるニオイの掃除の場合は、その都度説明しているので、ご参考ください。

  • 車内のゴミ取りを行う
  • 濡れ雑巾で車内をくまなく拭く
  • エアコンフィルター、フロアマットの交換
  • 消臭剤、脱臭剤を使う

ふだん目の届かない箇所の掃除に加え、掃除機を駆使して車内をまず清掃

Aは車内に限らず、掃除の基本です。特に車内で喫煙するとタバコくずや灰がこびり付いていることもあります。フロアマットをはずすとともに、ふだんは目が届かないペダルの先やドアポケットの隅などもきれいにします。掃除機を使って吸い取るのも有効でしょう。
ゴミ取りが終わったら、続けてBを行います。食器用洗剤などの中性洗剤を薄めた水に浸した濡れ雑巾で車内をくまなく拭いていきます。すべてのシート、ダッシュボード、ドア、トランク、ハンドルやハンドブレーキなど徹底的に拭きます。天井も忘れずに。エアコンの拭き出し口も汚れやニオイが付いているので拭き取ります。

ヤニ落としは中性洗剤が効果的、専用クリーナーの使用もあり

車内にはヤニも付着しているので、雑巾はどんどん黄色っぽくなるはずです。頻繁にバケツ内の水で雑巾の汚れを落としつつ、掃除を続けます。窓などのガラス部分は、専用のクリーナーなどを使って拭き取っても構いません。
拭き終わったら車内を乾燥させるため、ドア、窓を開け放してしばらく待ちます。暖かく天気の良い日であれば2~3時間で乾くでしょう。乾いたと感じたら、車内のニオイを嗅いでみます。長期間掃除をしていない車内だと、まだタバコのニオイがわずかに残っているかもしれません。気になるほどニオうようであればもう一度濡れ雑巾、あるいは専用クリーナーで拭きます。

エアコンのフィルターを交換し、最後は脱臭、消臭剤で

次はCのエアコンフィルターを掃除、または交換します。掃除できないフィルターもあるので注意します。交換する際はメーカー、や車種、モデルごとにフィルターが違うこともあるので間違わないようにして、カーショップなどで買い求めます。取り付け方などはマニュアルを参照してください。
最後にDとして脱臭、消臭剤を使います。カーショップほかDIYの店などでも扱っています。特にタバコのニオイ取り専用とうたっている商品は、効果が期待できるようです。中身を噴出させて使うタイプもあり、その際にエアコン稼働が必要な場合もあるので、使い方や手順などは説明書きとマニュアルに従って進めてください。

中古車を買ってすぐに車内掃除と消臭、脱臭をすればニオイは消える?

以上、紹介したクルマのニオイを除去する掃除方法は、中古車を買ってニオイがひどいと感じた場合にも活用できます。ニオイ取りのための掃除は、ほとんど1日がかりになってしまいますが、効果は期待できるので、やる価値ありです。

4. 車内のニオイ消し、試す価値ありそうな裏技3つ

そんなに時間をかけられない、裏技的に手っ取り早く車内のニオイを消す方法はないのか、と思うのは当然です。そこで一時しのぎ的なニオイ取りの方法を紹介します。やや強引な気もしますが、効果がある方法として、以下の方法があります。ただし、効果は一時的で、しばらくすると元のニオイになることをお忘れなく。

消臭スプレーを噴射させたあと、後部座席と助手席の窓を全開にして、運転席のドアの開け閉めを5回ほど繰り返します。すると消臭スプレーが循環してニオイが薄らぎます。

エアコンの外気取り入れ口に消臭スプレーを噴射します。取り入れ口は前のワイパーの付け根あたりにあります。この際、エアコンはオンにして外気取り込み位置ににし、取り込み風量を最大にしておくことがコツです。エアコンからの嫌なニオイが消え、消臭スプレーのニオイもほどなく消えます。

最後はダメ押し的にアルコールや重曹を使って、ダッシュボードやグローブボックス、ドアの内側、計器盤回りなどを拭く方法があります。汚れやニオイをアルコールなどで浮かして取る効果を期待できます。

以上の対応は、急場をしのぐ、時間がない時のニオイ取り対策です。しっかりニオイを消したいのであれば、普段から小まめな掃除を心がけましょう。

原因不明のニオイ対処はプロに任せるか、最悪は廃車も検討すべき

さて、タバコを車内で吸わないのにニオイがして不快、というように原因不明のニオイがある場合もあります。機械的なオイルが焦げたようなニオイであれば、クルマの故障も考えられるので、修理工場に相談して対応しましょう。それ以外のニオイがどうしても取れない場合は、クリーニング業者に頼むのも一案です。専用の掃除機器などを使って徹底的に掃除してくれます。
クリーニング業者に出して一度はニオイが取れたのに、数カ月でまたニオイがするようになる、というクルマもまれにあるようです。シート内の奥にニオイの元が染みこんでいたりすると、シートごと変えなければ解決しないでしょう。特に年月を経た中古車の場合、どんな経緯で自分の手に渡ったのか、使われ方を遡るのは不可能です。そんな時は思い切って売りに出すか、廃車にすることも検討すべきでしょう。

5. ニオイ消しや車内浄化に有効な消臭、脱臭グッズ5選

最後に消臭、脱臭グッズ5選としてニオイ消しに有効な製品をピックアップして効能を簡単に説明しました。ニオイ対策の参考としてください。

シャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用 フィルター搭載タイプ ブラック IG-HCF15-B

シャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用 フィルター搭載タイプ ブラック IG-HCF15-B
シャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用
フィルター搭載タイプ ブラック IG-HCF15-B出典:シャープ株式会社

3つのフィルターで、ニオイだけでなく花粉や微小な粒子などをキャッチし、メーカーが誇る空気清浄技術プラズマクラスターが車内の空気を浄化するというスグレモノ。カップホルダー型もあります。

ファブリーズ 芳香剤 置き型 車用 アクアスカッシュの香り 130g

ファブリーズ 芳香剤 置き型 車用 アクアスカッシュの香り 130g
ファブリーズ 芳香剤 置き型 車用 アクアスカッシュの香り 130g出典:
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

車内の不快なニオイだけでなく、ニオイの原因となる雑菌などを捕まえるという独自開発したゼリーで消臭する芳香剤です。シート下に設置でき、消臭効果は最低1カ月半は続きます。

OKNAE 車載空気清浄器 空気清浄機 イオン発生器 脱臭機 除菌消臭2in1 USBカーチャージャー(5V/2.1A 2ポート) シガーソケット用 エアクリーナー タバコの煙/空気の塵/花粉/PM2.5を除き静音

シガーソケットに挿して使う消臭グッズで、不快なニオイの元である浮遊菌ほか、タバコ、汗、花粉などのニオイを大量に発生させたマイナスイオンで消臭、清潔な車内にしてくれます。

クルマの消臭力 新車復活消臭剤 クルマ用消臭剤 無香性 250ml

クルマの消臭力 新車復活消臭剤 クルマ用消臭剤 無香性 250ml
クルマの消臭力 新車復活消臭剤 クルマ用消臭剤 無香性 250ml出典:エステー株式会社

「染みついたニオイに効く!」をキャッチコピーに効果が評判を呼んでいる無香性の消臭スプレーです。超微粒子ミストの消臭成分が、シートに染みついたニオイを消してくれます。

車アロマディフューザー 車載ディフューザー 車用アロマセラピー 車用空気清浄機 PEフレグランスタブレット 車用 消臭 芳香剤 クリップ式 3枚アロマパッド付き

電源不要でエアコンの吹き出し口に挿して使う脱臭、消臭グッズです。効果は約1カ月で価格も500円以下とコスパも良く、プロペラ型のデザインも走るクルマのイメージにマッチします。

6. まとめ

クルマの嫌なニオイは、所有者として運転する人にとって、なかなか気づかないもの。ですから自分で気づくようなニオイは、かなりひどいニオイといえます。そんな車内のニオイ対策としてニオイの種類と原因から対応策を説明しました。基本はやはり小まめな清掃に尽きるでしょう。5選として紹介した消臭、脱臭グッズも、友人らを乗せるのであれば最低一つは積んでいたいところ。興味のある方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です