「一括査定」×「プロにお任せ」=『ウロッカ!』

ディーラーで中古車を買うメリットって何があるのか考察する!

dealer-used-car-merit-demerit

ディーラーで中古車を買うメリット・デメリットを徹底比較

目次:
前書き(見出しなし)
あなたは中古車を購入したことがありますか。中には新車一択という方もいると思いますが、多くの方が中古車を購入した経験があると思います。
私も中古車の購入経験がありますがその際大きな疑問となるのがどこで車を買うかです。
基本的には主に3つに分けることができます。
①個人売買
②カーディーラー
③中古車業者です。
ここでは②のカーディーラーで中古車を買う場合のメリット・デメリットに注目します。
①と③と比較しながらご紹介できればと思っています。
では早速行きましょう。

ディーラーで中古車を買うメリット

ディーラーと聞くと新車購入時に行くお店というイメージがあると思いますが、実は中古車を扱っているディーラーもたくさんあります。

理由はいくつか考えられますが、一つは新規顧客を獲得するためです。新車しか扱っていないとターゲットは新車を購入する人になります。でも中古車も販売することで、中古車を探しているターゲットとのコネクションを作ることができ、新規顧客獲得の道が開けます。そのお客さんと良い関係を築くことで、将来新車を購入してくれるようになるかもしれません。あるいはその時に中古車ではなく新車を販売することができるかもしれません。こういったお客さんはディーラーで中古車を売っているからこそ獲得できるので、効果は絶大といえます。

もちろんその他にも、ディーラーの売り上げを伸ばしたり、他社にお客さんを取られないようにするためなどの理由もあります。ではここから、ディーラーで中古車を購入する3つのメリットに注目してみましょう。

良質車が多い

中古車であったとしても車を売る以上、正規ディーラーという看板を汚さないように最大限の努力を払おうとします。万が一質の悪い中古車(メンテナンス不足や購入後すぐに修理が必要になる車)を販売してトラブルが起きた場合、お店の信用を失うことになります。(中古車業者の場合もそうですが、ディーラーの場合、新車の販売がメインなので新車の売り上げにも影響を及ぼす場合があります。)今はインターネットが普及している時代なので、トラブルが起きたという評判があっという間に世間に拡散され、多くの人の元へ悪い情報が広まる可能性があります。

そこで大切になってくるのが、販売する前の整備です。車にあまり詳しくない人でも安心して購入できるように、劣化している・しそうなパーツを新品に交換したり、バッテリーやワイパーなどの消耗品を新品に交換している場合も多く、購入してからなるべく修理の手間やお金・時間がかからないようにメンテナンスされている車が多々あります。それで、安心感や信頼のおける車が欲しいなら、ディーラーで買うのがベストでしょう!

一方で中古車業者の場合、車の質という面ではディーラーほどは徹底していない場合があります。中には粗悪な状態のまま売られていることもあり(外見はきれいだが、見えない部分は錆や腐食が進んでいる等)購入の際にはある程度の知識や目利きが求められる場合もあります。車にあまり詳しくない人の場合は不安材料の一つになるので、詳しい友人や家族と一緒にお店を訪問するということも必要になるかもしれません。

アフターケアや保証が手厚いこともある

販売前にしっかりとメンテナンスをしていても故障やトラブルはつきものです。そんな万が一が起こっても比較的柔軟に対応してくれるのがディーラーです。ディーラーによっては、車購入から1年間の保証(消耗品以外のパーツが壊れたり、異常がある場合に無料で部品交換してくれる等)がついていたり、定期点検無料実施というアフターケアを付けてくれる場合もあります。そこまでのサービスはなくても、オイル交換工賃無料や簡易点検(タイヤ残、バッテリー点検、ワイパー点検等)を無料で実施してくれるなど、細かなサービスを受けられることも多いです。このようなアフターケアや保証といったサービスができるのも、ディーラーならではの強みといえます。

では個人売買や中古車業者から購入し場合はどうでしょうか?個人売買の場合は現状取引となる場合が多いです。また購入後に車の故障が発生しても保証などのサービスはないので、すべて自分で解決する必要があります。中古車業者から購入する場合はもう少し融通が利きます。3カ月・半年保証やオイル交換1回無料などのサービスをつけてもらえる場合もあります。しかしどちらの場合も交渉が重要なポイントとなります。交渉次第では付かないものがついたり、付くはずの物が付かないなんてこともよくあります。そういった交渉が面倒な方はディーラーでの購入を検討するのが良いでしょう。

新車を買うときにひいきしてもらえる


これはディーラーで中古車を購入するときの強みになります。一度購入実績を作っておけば、ディーラーの営業マンや店長とのコネクションを作ることができるので、ちょっとしたお願いもしやすくなります。そのお願いが有利に働くのが新車購入時です。自動車販売は営業でもあり接客業でもあるので、ディーラー側としてもお客さんを大事に扱いたいという思いはありますし、自分のお店で車を買ってほしいという願いもあります。その時に今乗っている車はこのお店から買ったんだよ~っとアピールすれば、またこの店で買ってくれるかもしれないという期待を持たせることができ、値引きやオプション装着時に通常よりもおまけしてもらえる場合があります。

確かに一見さんに「新車買うから値引きしてよ」とか「オプション装備を何かおまけしてよ」と言われるのと、顔見知りのお客さんに言われた場合では、営業マンも受け取り方が変わってきますよね。もちろん後者に言われるほうが、分かりました!とOKをもらいやすくなります。この点もディーラーで中古車を買うメリットの一つです。もし将来的に新車購入を検討しているなら、有効的に使いたい方法ですね。

しかし個人売買や中古車業者から購入の際はそうはいきません。基本的に彼らは新車を取り扱っていないからです。一度売買したらそこで終了の関係になる場合が多いので、長期的なメリットはあまりないでしょう。購入した後も良い関係を維持したり、将来の新車購入時のことを考えるならディーラーで買うメリットはとても大きいです。

ディーラーで買うデメリット

ここまでで、ディーラーで中古車を買うメリットについて3つまとめてきました。でも正直に言うと良い事ばかりではありません。ここからはデメリットもあげてみます。

値段が高め

ディーラーだからといってぼったくっているわけではありません。値段が高い理由としてはメリット①であげた良質車の販売と関係があります。中古車の質が良い場合はそのまま販売すればいいだけですが、全部の車がそういうわけではありません。あまり質の良くない車を売ることもできますが、それではディーラーとしてお店の看板に傷がつくかもしれません。そうならないために、消耗品や劣化しそうな部品をあらかじめ交換してから販売する場合があるので、部品代や工賃をあらかじめ上乗せして売っていることがあります。そのため値段が高めの車が多いのです。一見するとお客側が損をしているように感じるかもしれませんがそうとも言い切れません。いずれは交換や修理しなければいけない部分を、前もってディーラー側が対応してくれたと思えばよいのです。整備された車を購入するという感覚です。購入してから修理するか、購入する前に修理するか、どちらを選ぶかともいえます。

値段が高いもう一つの理由は、ディーラー販売という安心料です。気持ちの持ちようなのかもしれませんが、どんなオーナーが経営しているかわからず、どんな業者から車を購入しているか分からない中古車販売店で買うより、トヨタのお店、日産のお店という身元がしっかりしているお店で買ったほうが安心感がありますよね。

このような二つの理由から、ディーラーで販売されている中古車は値段が高くなりがちです。この二つの理由を気にしない方にとっては、ディーラーで買うよりも中古車販売店で車を購入したほうがお得かもしれません。

取扱車種が少なめ

多くのディーラーでは自分のメーカーの車のみを販売しています。例えば、トヨタのディーラーならトヨタの中古車のみ、日産のディーラーなら日産の中古車のみの販売などです。そのためスズキ、ホンダの車が欲しいと思った場合は各メーカーのディーラーに行く必要があります。時折違うメーカーでも販売していることもありますが、人気の車種や新古車など限定的な車種しか置いていないので、中古車販売店に比べると取扱車種は少なくなります。

取扱車種が少ないもう一つの理由は、質の良い車やすぐに買い手が付きそうな車を扱っていることが多いことです。例えば、2005年に発売されたモデルの車が欲しいとします。でも一般的に中古車業界では15年前の車だと買い手が見つかりにくく、売りにくい車でもあるため、自分のお店に置こうとはしません。また古い車だとメンテナンス費用が高くつきがちなので、古い上に値段も高いと興味を示すお客さんはかなり限られてきます。逆に発売されてから2~5年程度の新しい車だと、多少価格が高くても多くの買い手の関心を惹きつけることができます。そのため出来る限り多くのお客さんを集めるためには、比較的新しく質の良い車を取り揃える必要があるため、取り扱い車種が限られることになります。

新車購入の営業を受ける場合もある

先ほどからふれていますが、ディーラーのメインの仕事は新車を売ることですので、できれば中古車を買いに来たお客さんにも新車を売りたいと思っています。そのため新車営業の勧誘を受ける場合があります。例えば、150万円を予算として中古車を探している場合のことを考えてください。150万円だと新車も変える金額です。そこで営業マンは、車の使用用途や家族層など、どんなシチュエーションで車を乗る機会が多いのかの情報を探ろうとします。購入者は、営業マンと話を進めているうちに、最初は普通車やミニバンを探していたのに、よく考えれば軽自動車でも十分事足りることに気づくかもしれません。そこで、軽の新車はどうですか?と勧められると、それでもいいかと考え、中古車を買うつもりが新車を買うことになるのです。

それ自体は別に悪い事でもなんでもなく、購入者が納得して買えたのならよいのですが、いろいろなスキを見計らって新車の営業を仕掛けてくる営業マンもいることも覚えておきましょう。(すべての営業マンがそうだと言っているわけではありません。多くの営業マンはとても親身で接しやすいです。)このようなケースはまれかもしれませんが、実際に私の友人は中古車を買うつもりが新車を買いました。(友人は車にはそれほど興味はなく乗れればいいと考えていたので、後悔はしておらずむしろ喜んでいましたが・・)

一方で中古車業者の場合、自分のお店の車を売りたいという営業のしつこさはあっても、新車を売るということはできないので営業トークがヒートアップすることはあまりなく、安心かもしれません。

まとめ

この記事ではディーラーで中古車を買うメリット・デメリットを徹底比較してきました。どこで車を購入する場合でもメリット・デメリットはあります。大切なのは良い車と出会うこと、自分が納得した上で買うということです。その場の雰囲気に流されてとか、営業マンの熱意に押されて渋々購入といったことは避けたいですね。もしあなたが今後中古車を買う機会があったら、ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です