「一括査定」×「プロにお任せ」=『ウロッカ!』

ながら運転罰則強化!今後ドライバーが絶対にやってはならないこととは?

drive-and-use-a-phone

1. 2019年12月1日より、「ながら運転」罰則強化!

2019年12月1日より改正道路交通法が施行され、いわゆる「ながら運転」の罰則が強化された。

ながら運転による罰則は大きく分けて、「運転しながら携帯電話などを使用」と「それにより実際に危険を生じさせた」場合の2種類が存在する。

表にまとめると以下の通りだ。

運転しながら携帯電話などを使用

改正前

違反点数
1点(酒気帯び:14点)
罰則
5万円以下の罰金
反則金
小特など:5,000円、二輪:6,000円、普通:6,000円、大型:7,000円

改正後

違反点数
3点(酒気帯び:15点)
罰則
6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金
反則金
小特など:12,000円、二輪:15,000円、普通:18,000円、大型:25,000円

それにより実際に危険を生じさせた

改正前

違反点数
2点(酒気帯び:14点)
罰則
3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
反則金
小特など:6,000円、二輪:7,000円、普通:9,000円、大型:12,000円

改正後

違反点数
6点(酒気帯び:16点)
罰則
1年以下の懲役または30万円以下の罰金
反則金
反則金の対象外(全ての罰則を適用するため)

例えば違反点数が「使用・保持」の場合も、「実際に危険を生じ」の場合もそれぞれ3倍になっている。

加えて懲役期間の増加や罰金の増額など、より実行力のある罰則強化もおこなわれているため相当気合の入った法改正と言え、今後の事故減少にも期待が持てそうだ。

そもそも、これまで当たり前のように運転しながら電話をする人が多すぎたという印象がある。
そもそも「ながら運転」に対する刑罰が軽すぎて、運転中の通話ぐらい大したことじゃない、という認識が世間にまかり通っていたせいだろう。

そういった多くのドライバーの甘い認識が今回の「ながら運転」の罰則強化によって、一気に変化していくことを期待したい。

ただ一方で、そもそも「どこからながら運転になるのか?」や「なぜこのタイミング?」など様々な疑問を抱いている方も多いだろう。

そこで今回はそれら疑問に答える形で、「ながら運転」の危険性と撲滅させるための秘策まで考察していきたい。

2. そもそも「ながら運転」って?

運転しながらスマートフォンを操作することや、カーナビの画面をずっと見続けることが危険であるということは誰でも想像に容易いだろう。

しかし具体的にどんな状況までは許されて、どんな状況からは罰則の適用対象なのかイマイチわからないという方も現状多数いるというのが現実だと思う。

そこでまずは個別の事例ごとに「ながら運転」に当たるのか考察していこう。

その前にまず大前提として、これまでの道交法の「ながら運転」に関する記載を見て頂きたい。

『携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。』

つまり携帯電話などの「使用」または「注視」がダメなんだ、ということがわかるはずだ。
では具体的にどんな「使用」やどんな「注視」がながら運転に該当するのか見ていこう!

運転しながらのスマホの操作

当然ながらスマートフォンによる通話やネット閲覧、メールなど全て「ながら運転」に該当する。

典型的な「ながら運転」。運転中のスマホ操作は危険です!
典型的な「ながら運転」。運転中のスマホ操作は危険です!出典:ウロッカ!

特にスマートフォンを手に持って操作するとなると「使用」だけではなく「注視」にも該当するため絶対にやってはいけない行為だろう。

急ぎの連絡などがあったとしてもその場での対応はぐっと我慢!
近くの駐車場や路肩などに車を止めてから連絡対応をするなど、気持ちや時間に余裕を持って運転を行うことが肝要である。

運転しながらのカーナビ・オーディオなどの操作

結論から言うとアウトだ。

単純に法律を読めば、運転しながらのカーナビやオーディオなどの操作は通話ではないため、操作しただけでは即違反とはならないように感じるかもしれない。

しかし通常それらの機器を操作する場合画面を注視せず行うことは困難であり、結果的に操作=注視となることは間違いないだろう。

つまり結論からいうと画面を見なければ操作できないカーナビやオーディオの使用は、「ながら運転」に該当するといえるだろう。

運転しながらの飲食

違法ではないが、何をやってもいいわけではない!
違法ではないが、何をやってもいいわけではない!出典:ウロッカ!

こちらは一般的には「ながら運転」の対象にはならないものと言える。
なぜなら道路交通法では飲食に関しては明確に禁止、という指定をしていないからである。

一方道路交通法では特定の禁止行為の前提となる一般項目において、以下のように論じている。
『車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない』

これはつまり、ハンドルやブレーキを確実に操作でき、絶対に事故を起こさないような状況でのみ飲食は許されると解釈できる。

つまり両手が塞がるような弁当やカップ麺などは当然ハンドルやブレーキ操作に影響が出るためアウトだといえよう。

飲み物の場合、その気軽さ故「ながら運転」には該当しないと考えがちだが、そのせいで注意散漫になっているならばそれは十分危険行為であるため「ながら運転」に問われる可能性があると考えるべきだ。

例えば車両の揺れによってこぼれたりする恐れのある飲み物(例えばお茶やコーヒーなど)も場合によってはアウトになる可能性がある。それら飲み物を飲みながら運転する場合は、車が揺れても中身がこぼれないよう固定する器具を使用していなければ「ながら運転」に問われる可能性もあるため気をつけたい。

小さめの缶コーヒーは意外に安定しないので注意!
小さめの缶コーヒーは意外に安定しないので注意!出典:ウロッカ!

もちろんきちんとドリンクホルダーなどで飲み物を固定し、ちょっとやそっとの車両の揺れでは中身がこぼれない状況であれば、「ながら運転」に該当しない可能性が高いためそこは安心してもらいたい。

逆にいけそうなのはおにぎりやサンドイッチが挙げられそうだ。
もちろんその場合でもおにぎりやサンドイッチの包装は車両停止中にあらかじめ開封しておく必要はある。

しかし一旦開封してしまえば片手で食べられるし、少ない時間で食べ切ることが可能なため、きちんと周囲の安全に気を配りながらという条件付きだが問題には問われないだろう。

運転しながらの喫煙(タバコ・煙草)

喫煙も違法ではないがマナー違反だ。
喫煙も違法ではないがマナー違反だ。出典:ウロッカ!

こちらも道路交通法で明示的に禁止はされていない。
だが飲食と同じように、どんな状況であれ運転手はハンドルとブレーキの操作に専念できている必要があるため喫煙も常に許されると解釈すべきではない。

例えば、タバコを吸うためにはライターで火をつける必要があるが、これを片手で行うのは難しいし出来たとしてもその間運転への注意力は散漫になっており非常に危険である。

加えてタバコを吸っている間も、少なくとも意識の数パーセントはタバコに向かっておりその分運転への意識は減少しているはずだ。

これらを考慮するとやはり、運転中の喫煙も十分危険であり、控えるべき行動だといえよう。

どうしても運転中に喫煙をする場合は、全神経を運転に集中させながらその上で喫煙をする必要があるだろう。
そこまでして運転中に喫煙をする必要があるかは、喫煙者の方にも考えてもらいたいものだが。

信号待ちの時にスマホを操作

信号はすぐに変わることを肝に銘じるべき
信号はすぐに変わることを肝に銘じるべき出典:ウロッカ!

信号待ちの間にスマホを操作することだが、こちらも道路交通法で明示的な禁止はされていない行為に当たる。

そのため信号待ちの間のみの操作であれば直ちに「ながら運転」に該当はしないと言えるかもしれない。

だがしかし、よく考えて見て欲しい。
いくら信号待ちの間だけといえど、その間スマホの画面を注視していることに変わらないのだ。
もちろんその間周囲の状況が変化しないのであれば、それでも大丈夫かもしれない。

しかし通常は短時間で信号は変わる。
そしてその変化によって周囲の車両や歩行者などの交通状況は常に変化しうるのだ。
そういった周囲の変化を、スマホの画面を注視しながら感じ取れるという人はごく少数だろう。

つまり常に変わる交通状況をすぐに察知できないのであれば、例え信号待ちの間であってもスマホの操作は危険行為だと分かるであろう。
スマホを操作していながら周囲の交通状況の変化を察知できる特殊能力の持ち主でもない限り、信号待ちの間のスマホも操作すべきではないといえそうだ。

3. 罰則が強化される理由とは?

そもそも「ながら運転」の罰則が強化された背景に迫っていこう。

ながら運転というものが世間で話題となり、厳罰化の機運が高まったのは2016年(平成28年)の愛知県一宮市で発生した交通事故だろう。

当時ドライバーの男はスマートフォンゲーム「ポケモンGO(POKEMON GO)」をしながら運転しており、その男の運転するトラックに当時小学生の男の子がはねられ死亡するという衝撃のニュースは全国を駆け巡り一気に「ながら運転」への危険性が認知されたのである。

この事件を受け警察としても「ながら運転」の取り締まりを強化。
その結果年々「ながら運転」で検挙される件数は増え2019年には過去最高の摘発件数に至っている状況である。

一方「ながら運転」罰則強化の理由は警察庁が発表している統計データから読み解くことができる。
というのも実は「ながら運転」による事故件数は、2018年には10年前の約2倍である2790件が発生しているのだが、交通事故そのものはその間減少してしているのである。

つまり交通事故全体の中で「ながら運転」による事故の割合が急増しており、従来よりも「ながら運転」へ向けられる目線が厳しくなっていったと言うわけだ。

逆に考えればこの「ながら運転」による事故が、全体の交通事故減少におけるボトルネックになっている、ともいえるためこの点を改善できれば交通事故そのものも大幅に減らせるのだから罰則の強化は当然の流れといえよう。

4. ながら運転撲滅への秘策

ここまで「ながら運転」に関して考察してきた通り、「ながら運転」自体は非常に危険な行為であり絶対にやってはならないものだと分かって頂けたと思う。

そうは言っても現代人にとって、スマートフォンやカーナビは必需品である、ということもまた事実だ。

そこで最後にそのような現代人のニーズと合致した「ながら運転」減少への秘策は何が考えられるか考察してみたい。

クルマ側からのアプローチ

まず最も考えられる対策が車内のハンズフリー化である。
車内のハンズフリー化とは「ハンズフリーカーキット」や「Bluetoothヘッドセット」など市販のハンズフリー製品を用いてスマートフォンやカーナビを指ではなく声で操作しようとするものであり現在注目されている製品だ。

最近注目のハンズフリー機器。今後の普及が期待される
最近注目のハンズフリー機器。今後の普及が期待される出典:ウロッカ!

上記ハンズフリー化製品は一般的には「イヤホンタイプ」と「スピーカータイプ」の2種類に大別される。
前者のイヤホンタイプは当然耳に装着するため音が漏れず、複数人で乗車している場合もスムーズに会話が可能となる。

しかしイヤホンタイプには弱点があり、1つは応答のたびに当たり前だがイヤホンを装着しなければならない点だ。正直電話がかかってくるたびにイヤホンを装着するのはそれだけで手間であり、尚且つ危険でもあるためかなり大きな弱点だと個人的には思っている。

もちろん運転中は常にイヤホンをつけておけば良いのだが、それはそれで煩わしいと考える人も多いかもしれない。

2つ目の弱点はバッテリーの持ちの悪さだ。
通常このタイプのイヤホンは非常に小型のため、搭載されている電池自体が小さい。
そのためバッテリーの持ちが悪く頻繁に充電を要求されるのだ。

ただでさえスマホやドライブレコーダー、カーナビなどシガーソケットの使用頻度が多い中で、さらに頻繁な充電が必要な機器が増えることも大きなマイナス点といえよう。

一方後者のスピーカータイプはどうかというと、こちらも一長一短である。

当然スピーカータイプはイヤホンが不要なので、例え運転中に電話がかかって来た際もスムーズに応対できる。この点はスピーカータイプの最大の利点といえよう。
加えてスピーカータイプはバッテリーがイヤホンに比べ大きいため、充電の手間も少ないのも嬉しいポイントだ。

一方短所としては聞き取りづらさだ。
音楽を聴いている際や窓を開けている際など、通話音以外に大きな外部音が発生している場合、どうしても会話の音を聞き取りづらくなってしまうことが多い。
加えて音質自体もイヤホンタイプには遠く及ばないため、クリアな音質で会話したい場合には不向きかもしれない。

車内のハンズフリー化を検討している場合、上記特徴を踏まえイヤホンタイプとスピーカータイプのどちらの製品にするか決定すると良いだろう。

スマホ側からのアプローチ

一方、ながら運転の多くを占めるスマートフォン(スマホ)側から改善できることもあるだろう。

例えば一定の速度以上でそのスマートフォンが移動している場合は、強制的に使用を不可にする、などの対策が考えられる。
ほぼ全てのスマートフォンにはGPS機能が内蔵されているため、通常の歩行ではありえないような速度域以上での移動は運転中とみなし使用を制限するのである。
特に今後5G時代になればGPSの精度も飛躍的に上がるため、位置情報を用いた使用制限機能はより実用的になってくるはずだ。

もちろんドライバー以外のスマホ操作まで制限する必要はないので、ドライバーとそれ以外を識別するような機能は必要だろうが、絶対に実現できない機能ではないだろう。

一部の悪質なドライバーのために、多くの善良なドライバーが不便を強いられるため抵抗する声は多いだろうが、命の重さは多少の不便とは比べることができないくらい重いものだ。

ぜひ検討を進めるべき課題だと思う。

ドライバー側からのアプローチ

最後にドライバー側からの「ながら運転」撲滅へのアプローチだ。
恐らく最も重要にして、最も難しいのがこのアプローチだろう。

当然取り締まりを強化して「ながら運転」を行っているドライバーを摘発していくだけで大きな改善を見込むことは難しいはずだ。

多くの「ながら運転」の原因は、「この程度なら大丈夫」という根拠不明の甘い認識によるものだろう。

だからこそ改めて個人個人の意識改革が必要だと思う。
それは、「車の運転」=「危険物の取り扱い」という認識を持つことだ。

誰でも包丁を取り扱う時は気をつけるはずだ。
誰でも灯油を扱う時は気をつけるはずだ。

それらと同じ認識を車の運転の際にも持つだけで、「ながら運転」なんて怖くて出来なくなると思う。
そんな当たり前の認識をもっと啓発していくこと、が社会として必要だと思う。

4. ながら運転 罰則強化のまとめ

以上「ながら運転」罰則強化について考察してきた。

罰則の強化自体は多くのドライバーにとって歓迎すべきことであろう。
今回の法改正によって少しでも「ながら運転」による事故が減っていくことを願って止まない。

個人的にも単純に罰則が強化されたから気を付けよう、という認識ではなくもっと想像力を持って、自分が交通事故の当事者になったら周囲の人をどれだけ不幸にしてしまうか考えていきたい。

そういった一つ一つの意識改革こそが、事故減少に繋がると信じて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です