「一括査定」×「プロにお任せ」=『ウロッカ!』

メーカーオプションとディーラーオプションの違いを解説します!

maker-dealer-option

「メーカーオプションとディーラーオプションって何が違うの?」
「結局どのオプション選べばいいんだろう?」
「おすすめのオプションってどれなの?」

なんて、大量の選択肢が載ったカタログを前に、頭を抱えていませんか?
新車を購入する機会は、普通そう何度もあるわけではないから、迷ってしまうのも当然ですよね。
でも、メーカーオプションとディーラーオプションの違い、オプション選びの基準、手放す時の査定額にも影響することなど、いくつかのポイントを知っておけば、失敗しないオプション選びができるんです!
この記事では、メーカーオプションとディーラーオプションの違い、失敗のないオプションの選び方などをご紹介します!

1. メーカーオプションとディーラーオプションの違いは?

新車購入時に渡されるカタログって、2冊ありますよね。
メーカーオプションとディーラーオプションを分けて記載されているからなんですが、この違いってなんなんでしょうか?
まずは違いを知って、オプション選びをスムーズにスタートしましょう。

オプションとは好みで選べる装備のこと

オプションとは、標準装備として付いているもの以外に、ユーザーが選べる装備のこと。
例えば、事故予防の安全装置やバックモニターなど運転をサポートする装備から、スマートキーやETC車載器など利便性を左右する装備まで幅広いオプション設定があります。

最近人気が高まっているサンシェード出典:トヨタ自動車株式会社

「これって選べるんだ!」と意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今の車は受注生産なので、こうしたオプションを自由に組み合わせ、多様化するユーザーのニーズに合う車を購入できるようになっているんです。
このオプションには、メーカーオプションとディーラーオプションの2つがあります。

メーカーオプションとは:新車の製造ラインでつけるオプション

メーカーオプションとは、車を工場で新しく製造する時に組み付けるオプションのこと。
主なものに、安全装置やサンルーフ、本革シートなどがあります。
車体そのものを加工したり、配線したりするものなので、製造ラインでしかつけられません。
メーカーオプションは、新車購入時にしか選ぶことができないので、慎重に検討したいですね。

ディーラーオプションとは:購入時や納車後に販売店側でつけるオプション

メーカーで製造された車は、次にディーラー(販売店)の工場に回されます。
そこで付けるのが「ディーラーオプション」で、ショップオプションとも呼ばれます。
主なものに、フロアマットやドアバイザー、ナンバープレートホルダーなどがあります。

選べる内容は、メーカー、車種、グレードによって違う

オプションで選べる内容は、全メーカー共通ではなく、車種、グレードによっても違います。
多くの方が関心を持つ「安全装置」を例にすると、マツダなら全車種に標準装備されていますが、トヨタでは、○○や○○ではオプション設定がなく、○○など中級以上の車種でオプションとして設定されています。
オプションの選択肢の多さは、製造コストが上がることにつながるため、メーカーの規模や車種のバリエーション数などで、オプション設定が違ってくるんですね。
車を選ぶ時に、複数のメーカーや車種を候補にする方は多いと思いますが、見た目や価格だけでなく、オプション選びにも違いがあることを知っておくとスムーズです。

2. 後悔の少ないオプション選びのポイントは3つ!

特にメーカーオプションは、後からつけられないと聞くと、後悔したくない!と慎重になってしまいますよね。
そこで、10年間新車営業をしていたディーラーの営業マンに、オプション選びのポイントを聞いてみました!
つけておけばよかった、逆につけておけばよかった、とならないために、気をつけたいポイントを3つまとめます。

ポイント1:予算と利便性のバランスに気をつける

オプションが増えると、予算も上がります。
当たり前ですよね(笑)
でも、オプションを減らしすぎると、利便性が下がります。
例えば、バックモニター。
初めて車を買う方よりも、乗り換える方に多いんですが、「なくてもいいんじゃない?」とおっしゃるんですよ。
でも、僕は「付けましょう」とお話ししています。
同じグレードの車でも、新しいと車体が大きくなっていて、後ろの窓の位置も違うので、運転のカンが変わってしまうんですよね。
納車早々、自宅の車庫でこすってしまった!なんて悲劇が起こると、オプション代より修理代の方が高く付いたなんて、笑えない話になってしまうんです。
予算ばかりを気にせず、利便性もよく考えてオプションを選びましょう!

ポイント2:ナビは使う頻度や乗るエリアに合わせて選ぶ

悩む方が多いのが、「ナビ」ですよね。
付けるかどうかに加え、メーカーオプションにもディーラーオプションにも選択肢がある場合もあって、さらに悩みます。
まず、付けるかどうかは、乗るエリアやナビを使うシーンの多さに合わせて決めましょう。
通勤や日常の買い物など、決まった範囲しか乗らないなら、ナビはなくてもいいかもしれません。
でも、仕事で色んな場所を訪問する、家族旅行に年に数回行くなど、知らない土地へ行く回数が多いのなら、ナビは必須です。
最近は、スマホのナビアプリの精度が上がっているので、ナビはなくても大丈夫と言う方も多いのですが、運転中の携帯利用は厳しく取り締まられるようになっているため、車両装備のナビや、スマホと連動する機能のあるナビを付ける方が賢明です。
また、メーカーオプションとディーラーオプションの両方にナビの選択肢がある場合は、まずメーカーを候補にすることをおすすめします。
多くのメーカーで、ナビを地図やオーディオとして使うだけでなく、車そのものに組み込まれた機能を表示するモニタとして使うようになっているためです。
ディーラーオプションのナビは、価格帯や機能に幅のある複数の選択肢から選ぶことができるため、メーカーオプションナビの機能を丸々使う必要がない方には、ディーラーオプションでもよいかもしれませんね。

ポイント3:メーカーオプションはできるだけつける

メーカーオプションで選べる装備は、カーライフを快適にサポートするものばかり。
一般的には、多くの方が必要とする機能でもあります。
できるだけ付けておいたほうが、その車の機能を問題なく使えるようになります。

3. オプションは、車を手放す時の査定額にも影響する!

新車で購入するときには、壊れるまでこの車に乗るぞ!と思っている方がほとんどかとは思いますが、思いがけない理由で、手放すタイミングがやってくることもあるんです。
中古車として手放す時、その買取価格にオプション内容が影響するということ、ご存知でしたでしょうか?
新車の営業マンは、ほとんどそう言うことは言わないので、ぜひこの記事を読んだ方には知っておいてもらいたいんです。

中古車は、年式と走行距離が大きな目安ですが、人気のある車種なら、少々古くても売れるものなんです。
でも、人気のある車種なのに、なかなか売れないのは、一般的なオプションがついていないもの。
例えば、スマートキー。
カバンの中にいれておけば、鍵を取り出さずにドアを開けたり、エンジンをかけたりできる機能ですよね。
一昔前の車ならいざ知らず、最近の車にはほとんど標準装備といってもいいほど、付けられているオプションです。
しかし、たまに、このスマートキーをつけていない中古車がやってきます。
そうすると、色や年式、走行距離で気に入ってくれたお客様も、購入を躊躇されるんですよね。
それがわかっているので、中古車買取の際は、スマートキーなしの車は、約10万円くらい低く価格提示します。
新車購入時のスマートキーのオプション価格は3万円程度なのに、中古車買い取り価格では10万円もの差がついてしまうなんて!とびっくりされるかもしれませんが、これが一般的な買取価格の付け方なんですよね。

後々のことを考えると、スマートキーは出来るだけ付けたい!出典:トヨタ自動車株式会社

車体の色も、買取価格に影響が出ます。
中古車市場で人気の色は、パールホワイト、白、黒、グレーなどベーシックな色味。
パールホワイトの車種なら、他の色の車より、約10万円も高くなる場合があるんです。
新車購入時のオプション価格は、3万円くらいなので、中古として手放す可能性があるなら、選んで損のない色ですよね。
中古車で手放す可能性があるのなら、一般的に必要とされているオプションは一通りつけ、特にこだわりがなければ、人気色を選んでおいた方が、買取価格は高くなります。

4. 発注前に、契約書をしっかり確認!

オプション選びで気をつけたいトラブルは、オプションの発注間違いです。
選んだオプションは、細かく契約書に記載されます。
正式発注の前には、必ず担当の営業マンと一緒に、ひとつひとつ契約書を確認しましょう。
僕が体験した事件は、「お客さんが希望したオプションが付いてない」「お客さんがキャンセルしたはずのオプションが付いている」というもので、どちらも冷や汗ものでしたが、契約書どおりではあったので、そのまま理解していただき納車しました。
オプション選びはどなたも迷うものなので、正式発注までに変更がかかることがほとんどです。
でも、一度は選んだオプションをキャンセルしたり、それをまた付けることにしたり、とやっているうちに、どれが最終の意思決定か、お客様自身も営業マンも分からなくなってしまうことがあるんですよね。(あってはいけませんが)
そのために契約書があり、都度修正をするんですが、お客様自身も「あれ?結局どうすることにしたんだっけ?」となってしまうんです。
どちらの場合も、契約書どおりには納車されているので、契約書をひとつひとつ確認しておけば、防げたことなんです。
くれぐれも、電話やメールでやっぱりあれに変更します、と伝えたまま契約書を確認しないで発注というのは避けましょう。
新車時にしかつけられないメーカーオプションはキャンセルができませんし、車は受注発注なので、発注後のキャンセルはできません。
希望と違うオプションがついていたとしても、契約書に記載された通りなら、変更ができないものと思いましょう。

5. まとめ

メーカーオプションとディーラーオプションの違い、オプションを選ぶ時のポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
標準装備にオプションを組み合わせることで、自分好みの素敵な車を作り上げることができます。
迷った時は、担当営業マンにとことん聞いてみるのもひとつの方法!
納得できるオプションを選んで、お気に入りの新車を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です