「一括査定」×「プロにお任せ」=『ウロッカ!』

5分でわかる!ペーパードライバーの方に贈る、一生モノの運転克服法!!

paper-driver-perfect-guides

免許を取得して以降ほとんど車を運転しない人のことをペーパードライバーと呼びますが、なぜペーパードライバーになってしまうのでしょうか。
ただ単に車を持っていないからという単純な理由もあれば、自動車教習所での出来事がトラウマになって運転することを苦手・怖いと感じている方もいるようです。
そこでこの記事では、ペーパードライバーが遭遇しそうなあるあるや、ペーパードライバーになる理由・どうすれば克服できるのかを取り上げていきたいと思います。

1. ペーパードライバーに見られる特徴

まずはペーパードライバーあるあるをまとめてみました。
筆者の友人にも何人かペーパードライバーの人がいるので、いろいろ聞いてしまいました。ちなみに筆者はペーパードライバーではありませんよ!

アクセルとブレーキがどっちだったかうる覚え

アクセルとブレーキがどっちだったかうる覚え
アクセルとブレーキがどっちだったかうる覚え出典:ウロッカ!

ペーパードライバーの多くは車を所有しておらず公共交通機関や自転車を利用している方がほとんどなので、自分が車を運転する場面を想像することは難しく車のことを考えるときはほぼ無いようです。
そのため数年ぶりに運転席に座ったり、「運転よろしく」といきなりお願いするとどっちかアクセルでブレーキか迷うということが起こるようです。
きっと運転の感覚自体を忘れているので思い出すのに少し時間が必要なのかもしれませんね。

アクセルを踏むときはゆっくりと、でもブレーキは思いっきり踏み込む

ブレーキは思いっきり踏み込む
ブレーキは思いっきり踏み込む出典:ウロッカ!

普段運転しないペーパードライバーにいきなり「運転お願い」と頼むと結構な割合で遭遇する状況です。
筆者もペーパードライバーの友人にいきなり運転をお願いしたことがありますが(当初は飲む予定ではなかったが、急遽飲み会が始まったため)まさにこの状況で、車に乗り込んだ後なかなか発進しないなと思っていると、じわりじわりとアクセルを踏んでいるためゆっくりと進み出しました。
今度は信号が赤になっているのになかなか減速せずに大丈夫かと思っていると、いきなりカックーンと非常ブレーキのように思いっきりブレーキを踏んで停止したので乗り心地は非常に悪く、いきなりペーパードライバーに運転してもらうべきではないと思いました。

車のレバーやボタンの用途を理解するのに少し時間が必要

車のレバーやボタンの用途が分からん!
車のレバーやボタンの用途が分からん!出典:ウロッカ!

例えばウインカー・ワイパー・給油口のレバー類、空調やオーディオ・ドアミラー調整などのボタン類の操作方法が分からなかったり、「これって何だっけ?」と同乗者に確認する必要がある人もいます。
確かに車種によって給油口やドアミラー調整の位置が違うので戸惑うのも分かります。

矢印信号がない交差点でなかなか右折できない

矢印信号がない交差点が苦手
矢印信号がない交差点が苦手出典:ウロッカ!

普段運転している人でもこういう方はいるので、ペーパードライバーならなおさらですよね。
片側1車線の小さな交差点ならギリギリ右折できるという方でも、片側2車線以上の大きな交差点になると右折するのに勇気がいります。

バックでの駐車が苦手だから前から突っ込むか周りに車がない場所に停める

広い駐車場を選びがち
広い駐車場を選びがち出典:ウロッカ!

バックでの駐車は意外に難しいので苦手意識を持っている人も多いと思います。
無理してバックで駐車しようとして他車にぶつけたりこすったりするよりは、少し遠くても周りに車がいない場所に停めるのが無難かもしれませんね。
たまにタイムセールや閉店ぎりぎりのスーパーに駆け込むとき、ドライバーからいきなり「店の前に車停めるから適当に駐車しといて」なんていきなり言われたことがありますが、ペーパードライバーからしたら遭遇したくないいきなりのお願いですね。

ハイオクとレギュラーの違いがよく分からない

ハイオクとレギュラーの違いがわかってない
ハイオクとレギュラーの違いがわかってない出典:ウロッカ!

普段から運転している人でもガソリンの種類の違いを分かっていない人はいると思いますが、基本的にハイパワー車や高級車でない限りレギュラーを入れておけば大丈夫です。
自分の乗っている車がどちらのガソリンを入れればいいのか知っておけば、ハイオクとレギュラーの違いが分からなくても困ることはありません。

2. ペーパードライバーが苦手な運転を克服するためにできること

ペーパードライバーあるあるをいくつか紹介しましたが、共感できる内容もいくつかあったのではないでしょうか。
ここからはペーパードライバーが苦手な運転を克服するためにできることを見てみましょう。

自動車教習所で実施しているペーパードライバー講習に参加して苦手を克服

ペーパードライバー講習
ペーパードライバー講習出典:ウロッカ!

自動車教習所は免許を取得するための施設ですが、定期的に冬道運転講習・事故にあったり遭遇した場合の応急処置講習・ペーパードライバー講習などの各講習を実施している教習所もあります。
教習所での講習内容は道路標識・座席・ミラーの調整方法の確認・直進・右左折・車線変更・狭い道・見通しの悪い住宅街での走行練習・ 車庫入れの練習など実際的な講習ばかりで、基本的には教習所の敷地内で行われますが、公道での練習も行ってくれます。
自分の苦手分野を克服するために特定の講習を集中的に受けることもできれば全ての講習を受けることもでき、苦手な分野を克服するための受講項目を自由に選択することができます。

教習所で講習を受けるメリットの一つは、教習所内での講習や教習車での講習が受けられることです。
ペーパードライバーの方は運転に不安のある方が多く、公道を走らなくても車を運転できる教習所内で感覚を取り戻してから、公道での講習をうけることを希望するドライバーもおり、教習所内での練習は不安軽減に役立ちます。
また教習車で運転していると周りのドライバーもこちらに気を遣ってくれることが多く、クラクションを鳴らされたりあおられたりする心配も少ないので、苦手な運転を克服する絶好の機会となるでしょう。

自動車教習所の教官に出張してもらい自分の車で講習を受けて苦手を克服

ペーパードライバーが苦手な運転を克服するためにできるもう一つの方法は、教習所の教官に出張をお願いし自分の車で講習を受けることで、この講習のメリットは自分が普段から通る道や克服したい苦手な道を教官の指導を受けながら運転できることです。
生活道路の運転に自信がつくと「苦手を克服した」という気持ちや「運転は楽しい」という思いを持つことができペーパードライバー卒業に向けた一歩を踏み出すことができます。

自分の車を使うということは教習車には必須装備の補助ブレーキがないということで不安に思うかもしれませんが、実は携帯できる補助ブレーキがあるんです。
形状はゴルフクラブのような長い棒の先にブレーキペダルが付いている感じで、必要な時には助手席から教官がブレーキ操作をしてくれるため安心感があります。
ブレーキ操作のほかにもハンドル操作の補助や状況に合わせて口頭でのアドバイスももらえるので、苦手克服にはぴったりです。

教習所に出向く場合と出張講習時の値段にそれほど開きはなく、2時間コースで10,000円~15,000円程度の値段を設定しているところが多いようです。
運転の感覚をつかむまで何度か講習を受け、それからレンタカーを借りて自分が行きたかった場所に行ってみると運転に対する見方が変わるかもしれません。

3. なぜペーパードライバードライバーになってしまうの?原因は教習所時代に!?

教習所に通っている最中から「私はペーパードライバーになる」と決めている人は少ないと思いますが、何らかの原因や理由があって運転が嫌いになったり苦手になってしまう人がほとんどだと思いますので幾つかの理由を調べてみました。

教習所にトラウマがある

教習中は座学と実技の二つがあって座学はビデオを見るだけなので比較的楽に受講できますが、実技は教官を横に乗せて走る必要があって、教官1人1人の個性と上手に付き合いながら実技試験をクリアしないといけない状況に直面します。
この実技の時に教官の教え方や指導が気に入らなくて「実技の時間が苦痛・運転が嫌いになった」という経験をした人もいるかもしれません。
あるいは実技試験や本番の筆記試験になんとか合格したものの、何度も落ちて自信がなくなって運転が嫌いになってしまう人もいるようです。

過去に事故を起こしたことがある

過去に起こした事故のトラウマ
過去に起こした事故のトラウマ出典:ウロッカ!

軽い接触や追突事故を起こしたことのあるドライバーもある程度はいると思いますが、事故により相手をケガさせてしまったり自分が事故に巻き込まれてけがをした場合、相手が亡くなってしまった場合の精神的ダメージは計り知れないものがあります。
むち打ちや骨折などのケガを負ってしまうと後に後遺症として残る場合もありますし、悲惨な経験は二度としたくないと車に乗るのをやめたり運転するのをやめてしまう人もいます。
苦手な運転を克服しようと、あるいは車を持っていないからとレンタカーを借りて運転しているときに事故を経験するのも辛いですね。
精神的ダメージはいつどこで症状がぶり返されるかわからなかったり、事故の状況と似た場面になるとパニックを起こす場合もあるので、心の傷が癒えるまでは運転しないほうが良いのかもしれません。

運転ルールがうる覚えだから運転したくない

交通ルールや覚えなきゃいけない標識が多すぎて「全部を覚えるのはムリ」と挫折してしまう人もいるようです。
安全に公道を走るためには覚えておかないといけないルールや標識もありますが、全部のルールや標識の意味を覚えている人ってどれくらいいるんですかね。
いずれにしろ学生時代から勉強が苦手だった人には気合がいるところかもしれません。

車を持っていない

免許は取ったものの「車の維持費が高い・車を置く場所がない・公共交通機関で事足りる・身分証明書として取ったから車はいらない、必要な時は家族や友人から借りるかレンタカーを借りる」など車を持っていない様々な理由が考えられます。
普段から運転する習慣がないとペーパードライバーへの道を歩むことになる可能性は高いですね。

4. ペーパードライバーにならないために普段からできることとは?

教習所での経験がトラウマになっていたとしても車を持っていなかったとしてもペーパードライバーにならないために、そして運転の感覚を忘れないためにできることもあります。

レンタカーを借りて運転する

一番おすすめの方法で1カ月に1度を目安にレンタルすれば出費も抑えられますし、運転の感覚も忘れずにいられます。
最近のレンタカー業界はすごく進歩しているので、レンタカーを予約するのも配車手続きもネットで出来るので手間がかからないうえに、軽自動車やヴィッツ・フィットなどのコンパクトカーであれば12時間3,000円くらいから借りられるのでとても気軽です。
もしペーパードライバーの友達がいたり付き合ってくれる友達がいるなら、一緒に好きな場所に出かけてグルメやショッピングなどの楽しいひと時を過ごすことができ、レンタカーに乗って出かけることが楽しく思えてきたら運転嫌いを克服できる良いチャンスです。
レンタカーに乗って最初から遠出するのは勇気がいると思うので、近くにある公園やショッピングモール・車通りが少ない道路などを中心に走るようにすれば、運転に慣れたり駐車の練習ができるのでいいですね。

教本を見返す

レンタカーを借りるのに抵抗がある方や交通ルールに自信がない方は教習所でもらった教本を見返したり、交通ルールを扱っているYouTubeを見て復習することができます。
運転しているときに交通ルールを思い出せるか、すぐに実践できるは分かりませんが知っておいて損することはありません。
しかし運転しないと何も始まらないので教本を使っての復習はほどほどにし、運転する機会を見つけましょう。

5. まとめ

この記事ではペーパードライバーが直面しそうなあるあるや苦手な運転を克服する方法についてまとめてきました。
もしあなたが教習所での出来事や過去の事故がトラウマになって運転することを苦手と思っているなら、その苦手を克服する方法はありますし克服することができます。
その他の事情によってほとんど運転しない方はレンタカーやカーシェアリングなどを有効に使って運転する機会を探してみると、違った世界に出会えるかもしれません。
この記事がペーパードライバーの方のためになってくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です