「一括査定」×「プロにお任せ」=『ウロッカ!』

良いディーラーの見分け方を現役営業マンが徹底解説!

what-dealer

車は家に次いで、二番目に大きな買い物と言われます。それだけに安心できるお店で入したいものですよね。
車の販売会社は数多く存在しますが、中古車販売店とディーラーの違いはどういったところなのでしょうか。

そこで今回はディーラーに焦点を当てて、その役割や良さについてご紹介していきます!

1. そもそもディーラーとはどんな役割?

ディーラーとは自動車メーカーと特約店契約を結んでいるお店のこと

そもそもディーラーとはどんなお店のことなのでしょうか?
ディーラーとは、特定の自動車メーカーの車を販売する、特約店契約を結んでいる自動車販売会社のことを差します。メーカーから特別な価格で仕入れができるお店を特約店と言います。この契約関係にも様々な形があります。

ディーラーにはメーカー系と地場資本系が存在する

ディーラーは一般的に、自動車メーカーが出資しているディーラーと、メーカーとは独立関係にある経営者が運営するディーラーとに大別できます。
自動車メーカー出資会社の場合、そのディーラーはメーカーが経営しているため、経営者はメーカーから出向した社員が就きます。

一方の地場資本系については、基本的に経営者は地元のオーナーであることが多いです。メーカー系に比べ経営に関しての自由度が高く、社内から経営陣登用される可能性があります。働いている側からすると、独立系の方が役員を目指しやすい形になっています。

二社以上のメーカーと契約しているディーラーもある

基本的に、ディーラーは一社の自動車メーカーと特約店契約をして、特定のメーカーの車を仕入れ、販売しています。

ところが、ディーラーには二社以上と特約店契約を交わしている場合があり、例えば三菱自動車販売会社でスズキの車が購入できる等、メーカーを跨いだ販売形態も。メーカー系ディーラーにはできないことなので、地場資本系に多いです。

中古車店や修理工場でも新車が買える

最近は、中古車専門店でも新車が購入できます。むしろ、中古車店こそ新車販売に力を入れる時代になりました。なぜこのようなことが可能になるのかと言うと、新車ディーラーが中古車店に車を卸しているからです。

これと同じことが◯◯自動車整備工場などの地元の修理工場でも起きていて、ディーラーと契約している会社であれば新車を購入することができます。

ディーラーの人たちはこんな風に働いている
それではここからは、ディーラーで勤務している人たちが、実際にどんなことをしているのかをご紹介していきます。

売れてるディーラーの営業マンほど要領が良い

車を見に行こうとディーラーに行くと、営業マンの方が迎え入れてくれ丁寧に対応してくれるイメージが強いと思います。
しかし、営業マンの仕事は接客だけではありません。
平日の日中には、車検や定期点検の車のお客さん先からの引き取りがあったり、車庫証明と取りに警察署に行ったり、急なトラブルに対応したりと、やることは多岐に渡ります。もちろんお客さん先への営業活動をしながらです。

夜は夜で、お客さんから頼まれたことの調べ事やテレアポ、書類作成など、昼間にできなかったことを一気にこなします。
売れば売るほど忙しくなっていきますので、要領よくやるというスキルを段々身に付け始めます(笑)
事務処理を自分でやらなくて済むように仕向けるのも、営業マンの力だと思います。

ディーラーのフロントマンは、店舗運営の司令塔

ディーラーに行くと、整備受付窓口で対応してくれる方がいますよね。この方が、フロントマンです。多分、ディーラーの中で一番忙しいポジションです。というのは、整備関係の問い合わせが集中するからです。

お客さんから車の状況を聞いて、メカニックに適切な指示を出し、部品を手配し、整備明細や伝票を作成し、時に営業マンとも納車や整備について打合せをします。それを入庫する車の台数分だけやることになります。
つまり、フロントマンはディーラー内の司令塔とも言える存在なのです。

ディーラーのメカニックはチームで動く

ディーラーのメカニックは、基本的に一人が一台ずつ自動車整備をしていくのですが、時にチームで仕事をします。朝一番にそれぞれの一日の仕事の流れを確認してから作業に入り、この仕事は何時まで!と時間を決めていきます。こういった流れは、大手中古車店のメカニックも同様ですね。

特にディーラーの場合、指定工場として陸運局の検査員と同等の仕事を任されていますので、法令遵守を意識している人が多いです(もちろん自動車整備関連の法令は、その業界の人たちに守ってほしいものですが)。

また、フロントマンから指示を受けて動く役割ではあるからこそ、今自分に求められているものは何かを考えて動ける人が、良いメカニックと言えます。

2. ディーラーに行ってみよう!

ディーラーに行ったことない、という方は一度行ってみてほしいです。というのは、以下の理由からです。

最近のディーラーはとにかく広くてキレイ!

最近のディーラーはお店の外観から対応力から、全てお客様満足に対して力を入れています。特に改装した、また新しく出店したお店では、各社ディーラーで競うようにとにかく広くてキレイです。

これは、業界的に顧客満足度(CS=Customer Satisfaction)を最重要視している表れです。ディーラーの顧客のところには、定期的にアンケートが行きます。項目は多岐に渡るのですが、その中に必ずお店の外観の満足度が入っているのです。CSのポイントを落とさないために、キレイに外観を保つ必要があるという訳です。

試乗車の数が豊富!

幅広いニーズに応えるため、試乗車の数もかなり豊富です。やはり、インターネットで何でも買える時代に、実際の車に乗れることがディーラーの存在意義でもあります。せっかく一度足を運んだなら、何車種か試乗させてもらいましょう。

また、こちらも前述したCSの項目にもちろん入っています。ディーラー側としても、売れ線の車であれば、常に試乗できるように準備しておくのが当たり前という風潮に応える必要があります。

自動ブレーキ体験のアメニティまで

顧客満足について触れましたが、最近のディーラーのショールームは店内を落ち着いた色に統一し、カフェスタイルの作りになっているお店が多いです。
また、ファミリーで行きやすいようキッズスペースも完備され、ずっと落書きしていられるよう壁に特大のホワイトボードを用意しているお店もあります。
子供だけでなく大人向けにも、自動ブレーキ体験のVR機器が用意されていたり、飽きない工夫が凝らされています。

土日のディーラー展示会はイベント会場に

ディーラーと言えば土日が稼ぎ時。ここに向けて、色んな業者さんと組んで様々なイベントを仕掛けます。
例えば、生協さんや牛乳屋さんとコラボして試飲会があったり、ジャズコンサート等を開く店舗もあります。
ディーラーをイベント会場として、多くの業者・お客さんに使ってもらい、再来店のきっかけにしている訳ですね。

試乗したり、見積書を取ったりしてみよう!

せっかくディーラーに行くのであれば、気楽に試乗やカタログ請求、おまけに見積り書作成もお願いしちゃいましょう。そこで真剣に対応してくれるお店が良いお店だと思いますし、今後の車選びの参考にもなります。

ディーラーの担当者の方からすると、「この人はもしかしたら買ってくれるんじゃないか?」と必ず思っていますが、今すぐは買えないけど今後の車選びに使いたいと言えば、普通は喜んで対応してくれるはずです。後追いの訪問や連絡が来ても、毅然と断ればその後はしつこくは来なくなります。

3. ディーラーで車を買う時のポイント

では、気に入った車をディーラーで購入する場合のポイントはどういったところなのでしょうか。押さえておきたいのは以下のような点です。

値引きはディーラー間でもバラバラ

車を購入する際、やはり一番気になるのはどれだけお得に買えるか!?という点でしょう。ディーラーは同じ商品、同じサービス内容を取り扱っているとはいえ、実際にどこまで値引きしてくれるのか、値引きができないなら何をオプションで付けてくれるのかは、お店によって全然違います。もし少しでも良い条件を引き出したいとすると、複数のディーラーを回る必要があります。

ディーラー保証や、アフターフォロー体制は万全

新車保証や中古車保証は、ディーラーは間違いがないと言えます。新車だと通常で5年(最大10年の場合あり)ですし、中古車保証についての説明も必ずされます。中古車の場合、売る側もディーラーで買った認定中古車でトラブルが起きた、なんてことになると評判を下げることがわかっていますからね。

また、ディーラーは専門の診断器を持っています。原因不明のチェックランプ点灯や不具合については、ディーラーでないと原因特定できないことも多いです。整備をいつもお願いしていれば整備履歴も全部オンラインで見ることができますので、安心感はやはり抜群だと思います。

手続きを全部お任せできる

何と言っても、ディーラーで車を購入すると楽です。ローンを組んだり、今乗っている車を引き取ってもらったり、面倒な手続きを一貫してやってもらえるからです。

ただしその分、自動車ローンの金利が銀行よりも高かったり、下取りが買取専門店より安かったりすることはあります。購入時の支払い総額を少しでも下げたいという方は、こちらもやはり一つずつ、自分で調べたり足を運ぶ必要があります。

ディーラー担当者の人柄で決めたという方がほとんど

色々とポイントを挙げてきましたが、車購入をどこでするか決定をするのは購入者自身です。車探しをどれだけ合理的に進めても、最終的には人間の感情が決めるのです。
実際に、やはりこの担当者は好感が持てるとか、事故など困ったことが起きた時に助けになってくれそうだななど、担当者の人柄で購入を決断する人がほとんどです。

4. ディーラーで、良いお店を見分けるポイント

ご紹介してきた内容を踏まえ、ディーラーでの優良店と言えるポイントをまとめます。

営業マン、フロントマン、サービスマンの連携が取れている

これはお店に少し居れば分かることかなと思います。やはり、スタッフ全員でお客様をお迎えするという意識があるお店は、いかに効率的に待たせず正確な仕事をするかに重点が置かれています。こうした人たちにカーライフをサポートしてもらいたいですし、良いお店である重要なポイントです。

ディーラー担当者が自信を持って提案してくれる

営業マンやフロントマンの方から、今回の車検は整備代がかかりすぎるから車を買い換えた方が良いですよ、といった提案されることがあります。
こういった場合も、自信を持って提案してくれるスタッフは、この車がこの先いくらくらいの整備代がかかりそうだ、とかこの点がこのまま乗っていると危険だ、など、明確な理由が分かっているのです。

ディーラー担当者のレスポンスが早い

とにかく何でもすぐにやってくれるお店は頼りになります。事故の対応やトラブルは特に迅速な対応が求められます。
もしそういった緊急事態でない状況で、すぐに対応してもらえなかったとしても、自分でできる対処法をすぐに教えてくれたり、いつ頃なら修理できるといった、的確なアドバイスが早いこと。こういった姿勢がお客さんの気持ちを組んでいると言えますよね。

5. まとめ

今回はディーラーの役割から良いディーラーを見分けるポイントまでご紹介してきました。
メーカーや地域によってもディーラーの特色があります。自身に合ったお店、担当者とは出会いのようなものなので、是非実際に足を運んでみてください。
この記事が、あなたの良いディーラー選びに繋がれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です